矯正歯科のことならグーデンタル
歯科のグーデンタル!歯科医院検索サイト

矯正歯科を始める時期/矯正歯科


矯正歯科は健康な自分の歯を持っている人なら、いつでも治療を受けることができます。しかし時期を選んで治療した方がいい場合もあります。

例えば、上下の顎の関係に問題のないケースでは、永久歯が生えそろってからでもできるといわれます。

上顎前突、下顎前突、その他のケースでは、あごの成長を抑えたり、促進したりする治療が効果的なので、成長期などの早い段階に治療を始めるとよいとされています。この場合、一次治療 としてあごの関係を治し、しばらく時間をおいて様子を見つつ、二次治療として歯並びを治すことが多くなります。

よく永久歯がほぼ生えそろう12才頃が一つの適齢期だともいわれ、実際に、この頃治療を受ける人も多いのですが、歯には個人差があります。早期に始めればごく簡単な治療ですむだけでなく歯を抜いたりする可能性が低くなります。また、全部が永久歯になってからの矯正でも問題のない人もいます。

その判定は矯正治療の深い経験が必要です。治療を受けてみたいと思ったり、取りあえず話しを聞いてみたいと思ったら、まず矯正歯科専門医に相談してみて下さい。その結果、すぐ治療を始めることができる人もいれば、年令や症状などによっては少し待った方がいいと言われる人もいるでしょう。

詳しく説明することを面倒に考える矯正専門医はいないはずです。


矯正歯科を始める時期
検索 by Google

Web goodental.com




Copyright (C) 2011 goodental All Rights Reserved.