矯正歯科のことならグーデンタル
歯科のグーデンタル!歯科医院検索サイト

矯正歯科治療の進み方/矯正歯科


■矯正歯科治療での初診

矯正歯科治療の進み方

矯正歯科をはじめて、受けられる方の顔のバランスや骨格のバランス、口唇や顔の筋肉のバランス、舌の動きや、お口の中を診察して、患者さんが気がつきにくい奥の歯の咬み合わせなど現在の歯並びや咬み合わせの問題点について、大まかな原因や治療方針について説明します。

■矯正歯科治療における検査

矯正治療は虫歯の治療と違って、治療期間が長期にわたります。そのため、治療前に十分な検査をしてから治療方針、矯正装置を決定する必要があります。検査には顔の骨格を調べるためのレントゲン、歯の数や生えている方向を調べるためのレントゲン、歯型、顔の写真やお口の中の写真などが必要になります。また、虫歯がないかどうかも調べます。

■矯正歯科治療の診断

検査の結果から、いま現在の歯並びや咬み合わせの原因がどこにあるのかを把握し根本的な原因の解決や、その人にもっとも適切な治療方法を考えます。また、矯正治療にはいろんな装置があるので、どんな装置を使う必要があるのか、最良の結果を得るために、やむを得ず歯を抜いたりする必要がないのかどうか、治療期間はどれぐらい必要なのかなどをお話します。

■経過観察

すぐに、治療を始めるべきではない場合、始められない場合は定期的なリコールで最良の時期まで待ちます。

■部分的治療

全部の歯が永久歯ではない場合、将来の永久歯の治療が最もうまくすすめられるように検査結果に基づいて治療をおこないます。また患者さんの治療希望が部分てきな場合に最良の方法を選択します。

■本格的治療

検査結果に基づいて、歯並び全体や咬み合わせを変えるだけでなく、患者さんの顔の骨格にとって最良の位置に歯や歯列を位置付けます。つまり、顔のバランスと歯の位置は密接に関連しているのです。治療にはすべての歯に矯正器具(ブラケットと呼びます)をつける必要があります。一般的な治療期間は2〜3年で、4〜6週間に1回の通院が普通です。

検索 by Google

Web goodental.com




Copyright (C) 2011 goodental All Rights Reserved.