矯正歯科のことならグーデンタル
歯科のグーデンタル!歯科医院検索サイト

アライナーは見えない外せる歯列矯正治療/矯正歯科


矯正治療を受けたいが、中にはどうしてもブラケットやワイヤーがお口の中に入るのを嫌がる人もいるでしょう。

そんな人のためには、「アライナー」と呼ばれる透明な薄いマウスピースを装着して、歯を動かしていく方法があります。食事中や歯磨きなど自由に取り外しができるのが大きな利点です。言い換えれば、自分の生活に合わせて矯正装置を付けない時間を自分で決められるのです。

代表的な装置として「インビザライン」と「クリアアライナー」と呼ばれるものがあります。

インビザライン

インビザライン

インビザラインと呼ばれる装置はアメリカに本社があるアライン社に歯型の模型を送る事から始まります。送られた模型を3次元スキャナーと呼ばれる装置でデータ化することから始まります。

最初の歯型データから、「クリンチェック」と呼ばれる3Dシュミレーションソフトで歯の移動計画(治療後の歯列をシュミレーションするわけです)をたてて、数十セットに及ぶアライナーを一括して作製します。患者さんはこのアライナーを1日20時間以上使用すると、次のステップのアライナーに移行していく訳です。

極端に歯の捻れがある場合、八重歯、抜歯を必要とするような治療では一時的にせよ、従来のブラケットやワイヤーによる治療を併用することが前提とされています。つまりはどんな症例でも、インビザイラインだけで治療できるとは限らないわけです。

症例の難易度で云うと抜歯を必要としない、比較的簡単な症例は治療できるけれども、少し複雑になると「インビザライン」としては非常に難易度があがり「難しいケース」となってしまいます。

取り外しできることは最大のメリットですが、使わなければそれまでですので治療途中で挫折する事のないようにしたいものです。


■インビザラインのメリット
  1. 透明で薄いマウスピースなので、注意して見ないと矯正治療中であると気がつかない。
  2. 歯にブラケットが装着されていないので、歯磨きが簡単である。
  3. 金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない。
  4. 通院間隔を長くすることができる。
■インビザラインのデメリット
  1. インビザライン単独で治療できない場合がある。
  2. 治療期間が長引く傾向にある。
  3. 治療の途中で、当初の治療計画を修正する場合がある。その場合にはさらに新たなマウスピースのセットを作り直す必要があり、追加の費用が必要になる。
  4. 歯を奇麗に配列するために、エナメル質を削るディスキングと呼ばれる方法を採用することが多い。
  5. 患者さんの意思の強さが必要である。
検索 by Google

Web goodental.com




Copyright (C) 2011 goodental All Rights Reserved.