矯正歯科のことならグーデンタル
歯科のグーデンタル!歯科医院検索サイト

歯列矯正でのインプラント使用/矯正歯科


インプラント矯正と呼ばれる治療方法が最近盛んになっています。

何となく大変そうな治療法に思われますが、実はそうでもありません。ここ数年は最新の治療方法として紹介されることが多いのですが、10年以上も前から実際に臨床応用されています。

歯を動かすには、動かされる歯と動かさないで支えとなる歯が必要です。綱引きと同じと考えると判り易いかもしれません。力の強い方が弱い方を引っ張る事になります。前歯を後ろに動かしたい時には奥歯を支えにします。いざ、動かし始めると必ず、奥歯も少しは前に滑ってきてしまいます。これだと、治療の計画どおり前歯を後ろに下げることができないので、奥歯を連結するような矯正装置を追加して奥歯の動きを防止します。

インプラント矯正

しかし、実際には装置を追加しても少しは動いてしまいます。そのため、歯以外の骨の部分に支えを求めようとしたのが、インプラント矯正の始まりです。写真はSMAPと呼ばれるプレートタイプのインプラント矯正の実際です。これは元々、骨折の際に骨を固定するものを応用しています。チタン製の金属プレートを骨に装着して、一部を歯肉から露出させています(☆印の部分)。そこから歯を動かすための力を掛けています。このようにすると奥歯を前に動かすような反作用は一切かからないため、前歯だけを効果的に後ろに移動する事ができます(この場合は犬歯に力が掛けられています)。

プレートタイプのインプラント矯正は粘膜を切開したりする量が多いので、術後、必ず顔が腫れてしまいます。また、矯正医がおこなう事は少なく、口腔外科医がいるところや大学病院などで処置をする場合が殆どです。目的が達成できた段階で外す事になりますが、その場合も患者さんの負担は比較的大きいものです。基本的に手術のために入院は必要なく、外来での処置となります。

検索 by Google

Web goodental.com




Copyright (C) 2011 goodental All Rights Reserved.