矯正歯科のことならグーデンタル
歯科のグーデンタル!歯科医院検索サイト

スクリュータイプのインプラント矯正/矯正歯科


プレートタイプのインプラント矯正は患者さんの負担が大きかったり、口腔外科専門医や大学病院などを受診する必要がありました。

スクリュータイプ

患者さんの負担を軽減するために、より簡便な方法として写真のようなスクリュータイプの矯正用インプラントが最近では普及しています。大きく見えますが、実際は直径2ミリ前後、長さは6〜9ミリ前後になります。まさしく、ネジを歯茎にねじ込む感覚で使用されています。

プレートタイプと同様に材質はチタンで出来ています。矢印の部分は歯茎の粘膜から露出する部分です。処置自体も比較的簡単なため、矯正歯科の先生が直接自分でスクリューを打つ場合が増えています。麻酔の時間を含めて1本30分前後で処置は完了します。上顎の場合は骨に安定するのを待つと後の結果が良好で脱落・動揺などのトラブルを軽減できるようです。下顎の場合は骨が硬い緻密骨の部分で器械的に安定している場合が多いので、処置後すぐに歯を動かすための矯正力を負荷する事が可能です。

インプラント矯正

写真は「星印」の部分を後ろに移動するために、奥歯の間に矯正用スクリューインプラントを埋め込んで(黄色の→)、歯を移動するために奥歯が前に移動してしまうことを避けています。目的が達成できれば、もちろん不要になりますので除去しますが、麻酔無しで除去できるほど簡単です。

矯正用のインプラントはいずれも骨接合用材料として医療器具の認可を受けている製品です。矯正用として使用するのは目的外使用となりますので、患者さんの承諾が必要となります。

検索 by Google

Web goodental.com




Copyright (C) 2011 goodental All Rights Reserved.